スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定年後の雇用延長、企業の対応は? 改正高年齢者雇用安定法が4月スタート(J…

定年後の雇用延長、企業の対応は? 改正高年齢者雇用安定法が4月スタート(J-CASTニュース)

以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/jct/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130326-00000000-jct-soci



定年後の雇用延長、企業の対応は? 改正高年齢者雇用安定法が4月スタート


J-CASTニュース 3月26日(火)11時28分配信">http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/*http://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=jct'">J-CASTニュース 3月26日(火)11時28分配信







 企業に65歳までの雇用を義務付ける改正高年齢者雇用安定法が2013年4月1日施行される。公的年金(厚生年金の報酬比例部分)の支給開始年齢が順次引き上げられるため、再就職できないと「無年金」の期間が生じる。その間の再雇用を義務化するという考え方で、一定の経過措置を踏んで、年金支給が65歳に移行し終わる2025年4月以降は希望者については継続雇用が完全義務化される。



■正社員時代に比べて賃金は大幅に減少



 65歳までの雇用というのは、必ずしも「65歳定年」というわけではない。現在も、原則として60歳に達した人の再雇用が義務規定になっているが、継続雇用の対象者を選定する基準を「労使協定」で定められるとされている。つまり、基準に該当しない者は再雇用しなくてもよいという仕組みだ。



 基準とは、働く意思、勤務態度、健康、能力、経験、技能伝承など。「会社が必要と認める者」といった一方的、抽象的な規定はダメ。例えば勤務態度についても、会社側の恣意ではなく、「過去○年間の出勤率○%以上」など、なるべく客観的な指標が必要とされてきた。



 今回の改正では、2025年4月以降は希望者については継続雇用が完全義務化され、それまでの経過措置として、年金支給開始から65歳までの間は、従来と同様に「労使協定」で再雇用する者の選定基準を決めることができる、とされた。



 雇用形態も、正社員である必要はない。現在、60歳定年制を敷いている企業が多いが、60歳定年に達した人で希望する人は、アルバイトや嘱託など正社員とは違う身分で、賃金も正社員時代の大幅減で再雇用しているところが多い。




企業の関心は「総人件費」の抑制


 4月からの制度変更で、企業の対応は様々だ。



 定年を65歳に引き上げ、勤務成績の考課も実施し、完全に社員と扱うサントリーなどは、少数派。やはりまず、総人件費を抑えたいという企業側の切実な考えがある。その代表格がNTTグループで、65歳までの雇用継続のため、40~50代の人件費上昇を抑える。60~65歳の再雇用者の年収は現行の200万円台から300万~400万円台にアップするという。ワークシェアリング的な考え方で、従業員側も、自分の将来の再雇用を考えれば受け入れやすいともいえる。



 一方、60歳以上の再雇用者を、従来以上に戦力化しようというところもある。三菱重工業は60歳以降も能力に応じた業務を割り当て、実質的に賃金を上げる(従来は正社員時代から4割減)。JFEスチールも、リーダークラスの賃金をアップするという。再雇用義務化への対応とともに、若手への技能伝承をより確実にする狙いもあるようだ。



 高齢者の雇用継続により総人件費はどの程度増えるのか。みずほ総合研究所の試算では、これまで雇用を希望していない人も含めて65歳まで雇った場合、全企業の人件費は2025年には、2001~10年の平均より1.9兆円膨らむという。売り上げがグングン伸びる時代でもなく、雇用を拡大するのには多くの企業が慎重で、高齢者の雇用延長の分、若年層の雇用へのシワ寄せの心配がある。労務行政研究所のアンケート調査では、4割の企業が若年層の雇用を抑制すると回答している。



 実際、新人採用を抑えるなどの対応を進めてきた企業も多く、若手・中堅の士気を維持・向上を図りつつ、雇用延長とバランスをどうとるか、試行錯誤が続きそうだ。








スポンサーサイト

「暴かれたくない秘密があるのでは?」 執行部続投を決めた全柔連に批判相次ぐ…

「暴かれたくない秘密があるのでは?」 執行部続投を決めた全柔連に批判相次ぐ(J-CASTニュース)

以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/jct/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130320-00000004-jct-soci



「暴かれたくない秘密があるのでは?」 執行部続投を決めた全柔連に批判相次ぐ


J-CASTニュース 3月20日(水)17時36分配信">http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/*http://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=jct'">J-CASTニュース 3月20日(水)17時36分配信







 新年度の交付金停止と13項目にわたる改善勧告――。五輪代表クラスの女子柔道選手への暴力・パワハラ問題をめぐり、JOCは2013年3月19日、全日本柔道連盟(全柔連)に過去に例のない厳しい処分をダブルで突きつけた。



 処分決定通知書には、JOC理事が「おぞましい」と表現した指導者による不当行為の数々が記されたが、全柔連側はすでに現執行部の全員留任を決定済み。そのことをめぐりネットなどには改めて厳しい批判が寄せられている。



■「全柔連は女性が女性として扱われない組織」



 「感情に任せて選手の顔を何度も平手打ち」「選手に対する『ブス』『ブタ』『死ね』などの侮蔑的発言」「棒やヒモ、ムチを振り回し『叩かれないと動けないなら家畜と一緒だ』と発言」「寝技の練習中に選手の口をふさいだり、虫の死骸を近づけたり」



 問題を告発した女子選手15人からの聞き取り調査の結果、JOCが認定した園田隆二・前女子監督や全柔連組織による言動の内容は驚くべきものだった。「選手が練習中の道場の脇で、トレーナーに自分のマッサージをさせていた」といった吉村和郎・前強化委員長の行為についても指弾された。



 告発選手からの聞き取りを担った荒木田裕子・JOC理事は19日の会見の場で、「正直ビックリしたし、聞いているうちにおぞましくなった」「こんなことがまだ起きていたのかと思うと、本当に情けない」と表情を曇らせた。



 同じく理事の一人、松丸喜一郎氏は「ヒアリングによって選手がどれほど我慢してきたのか、なぜ告発に踏み切らざるを得なかったのか、よく理解できた」「全柔連は女性が女性として扱われない組織」と語った。



■JOCは執行部責任について言及を避ける



 一方、当の全柔連側は暴力・パワハラ問題に加え、助成金不正流用疑惑も新たに発覚する中、すでに3月18日に上村春樹会長を含む執行部全員の留任を決定していた。だが「競技団体の自主独立」の原則などから、JOCは執行部責任について会見で言及を避けた。



 執行部全員の続投問題に関して20日の「朝ズバ!」(TBS系)では、「責任の所在があいまいになっている」と指摘した。



 全柔連第三者委員会の香山リカ氏はインタビューに答え、「上村会長は『難局』『困難な状況』という言葉を使っているが、まるで自分たちが被害者のよう」「執行部全員が続投するということは事の重大さを分かっていないということ」と執行部を批判。ゲストコメンテーターの片山善博元総務相(元鳥取県知事)は「(執行部の全員留任は)『自分たちは変わらない』というメッセージのようなもの」と語った。



 一方、ネットの掲示板やツイッターにも全柔連に対する多くの意見が相次ぎ、「上の人間が全員辞めないとだめだろう。学閥とか廃止してしまえ」「上層部は嵐が過ぎ去るのを待ってるみたいだが、逆に反感買うだろう」といった意見が多数を占めた。



 中には「こうした組織は問題が発覚しても、なぜか改善を図ろうとせず、上層部がそろって留任する。内部の実態が次の人たちに知られたくない、暴かれたくないのかもしれない」といった内容の書き込みがあった。このほか「加納(嘉納)治五郎も嘆いていることでしょう。武士道を忘れた、ただの保身利権集団には何の魅力も感じない」との声も寄せられた








自工会豊田会長「現地現物、即断即決即実行がより必要になってきた」(レスポン…

自工会豊田会長「現地現物、即断即決即実行がより必要になってきた」(レスポンス)

以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/peo/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130322-00000000-rps-peo



自工会豊田会長「現地現物、即断即決即実行がより必要になってきた」


レスポンス 3月22日(金)6時0分配信">http://rd.yahoo.co.jp/media/news/medianame/articles/*http://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=rps'">レスポンス 3月22日(金)6時0分配信








日本自動車工業会の豊田章男会長は3月21日の定例会見で、発生から2年が経過した東日本大震災を振り返り、「現地現物、即断即決即実行がより必要になってきた」との考えを示した。

[関連写真]

豊田会長は「大震災から2年という中で自工会の会員各企業は災害時も含めた競争力向上のため、各社の調達ポリシーをもとにサプライチェーンの取り組みを行っている。トヨタの場合、被災後30日以内に特に重要車種の生産が再開できるよう、トヨタのみならずサプライヤーも含めて色々策定をしている」と話した。



その上で「2年経った今だからこそ必要なことは、やはり現地現物で、間違えても良いから即断即決即実行で前を向くということではないか」と指摘した。



さらに「今の政権は非常に行動力にあふれてやって頂いている。そういう意味で本当に企業は何ができるのか、個人は何ができるのか、今日より明日を良くするんだという気持ちで、現地現物、即断即決即実行が今こそ、より必要になってきたのではないのかと思っている」と述べた。



《レスポンス 小松哲也》








検索フォーム
リンク
QRコード
QR
アクセス解析
    相互リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。