スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の新版「東アジア戦略概観」、動的な日米協力強調(サーチナ)

日本の新版「東アジア戦略概観」、動的な日米協力強調(サーチナ)

以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/int/scn/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120331-00000043-scn-int


 日本の防衛研究所は30日、2012年度版「東アジア戦略概観」を発表した。日本は今後日米同盟を深化させ、「動的な日米防衛協力」を進めていくとしている。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。



 日本は南西諸島方面における自衛隊のプレゼンスの強化、日米韓・日米豪3カ国安全保障協力などの同盟のネットワーク化の推進、多国間枠組みにおける協力、「武器輸出3原則」の見直しによる国際装備協力の拡大などを行う方針。特に動的防衛力を重視し、自衛隊が将来さまざまな事態に対応できる能力を向上すると強調した。



 朝鮮半島情勢について、北朝鮮の核兵器とミサイルに関する問題は深刻化しており、北朝鮮が核兵器の小型化を進め、ミサイルへの搭載が可能となれば、日本および周辺国にとって大きな脅威となり得るとしている。



 中国については、中国人民解放軍は現在装備の近代化向上に力を入れていると指摘、中国海軍は西太平洋で遠洋訓練を実施し、ソマリア・アデン輪海域で護衛活動を展開、海空軍はリビアでの中国人退避に成功、国内外にその遠距離作戦力を誇示した。同時に、人民解放軍は軍隊の資質向上に向け、人材育成計画や退役軍人の再雇用にも尽力している。



 防衛研究所は、日本の防衛省の最も重要なシンクタンクで、日本が直面する国際戦略情勢や地域の安全問題について研究し、日本の防衛・安全保障政策、国防や軍の発展計画策定にかかわっている。「東アジア戦略概観」は年に1回発表される、総合的な戦略分析レポートだ。(編集担当:米原裕子)



【関連記事】

日本の防衛政策の大転換 輸出3原則緩和の目的とは(1)=中国

日本が新型戦艦のミサイル防衛能力を強化=米メディア

「無責任な論評」…中国が日本の防衛白書に強い不満を表明

日本の新防衛大綱、10年後の後悔は必至だ=元在日本中国大使

大毅は判定で2度目防衛、亀田興毅が日本選手初3階級制覇

スポンサーサイト

中国の携帯電話ユーザー数、ついに10億突破―中国メディア(Record C…

中国の携帯電話ユーザー数、ついに10億突破―中国メディア(Record China)

以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120331-00000015-rcdc-cn


2012年3月31日、京華時報によると、中国工業情報化部は30日に通信業運営データを発表。今年2月末の時点で、全国の携帯電話利用者が10億700万件に達し、ついに10億の大台を突破した。人民網日本語版が伝えた。


【その他の写真】


統計によると、今年2月に全国の電話利用者は12億9000万件に達し、あと1カ月で13億の大台を突破する可能性がある。



電話利用者のうち、固定電話利用者は2億8400万件にまで減少した。中でもPHS利用者は1634万1000件にまで減少し、固定電話利用者に占める割合が前年末の6.3%から5.7%に下がった。



携帯電話利用者は10億700万件に達し、ついに10億の大台を突破した。うち、次世代移動通信3Gの利用者は1億4400万件に達した。



携帯電話の利用者が8億件を突破したのは2010年6月、9億件を突破したのは2011年4月、10億件を突破したのは2012年2月となった。中国の携帯電話利用者は約10カ月ごとに1億件ずつ増加していることになる。(編集/TF)





【関連記事】

中国の携帯電話ユーザー10億突破=北米の3倍規模―サービス向上が大きな課題

「中国のジョブズ」携帯電話に問題続出、「ユーザーの期待高すぎ」と反論―中国

<体のフシギ>週に一度「携帯電話オフ」で仕事効率がアップ―米大学

ネット検閲政策に「異変」?!ユーチューブのアクセス制限が一部解除―中国

中国による企業買収・合併、インターネット関連で活発化―米情報企業

アイスホッケー韓日代表戦 31日から東京で(聯合ニュース)

アイスホッケー韓日代表戦 31日から東京で(聯合ニュース)

以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/kr/yonh/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000027-yonh-kr


 【ソウル聯合ニュース】大韓アイスホッケー協会は30日、アイスホッケー韓日代表戦が31日~4月1日に東京のダイドードリンコアイスアリーナで開催されると明らかにした。

 同協会は昨年11月に日本アイスホッケー連盟と、定期的に試合を開催することで合意した。今回の代表戦は両国が初めて行うアイスホッケー交流戦となる。

 これまで韓国代表は国際大会で日本と7回対戦したことがある。対戦成績は韓国の1分け6敗。



【関連記事】

ユ・ゴン「イケメンのアイスホッケー選手を紹介します! 」

低迷する大学アイスホッケー、日本との交流を模索

世界アイスホッケー選手権、来年4月ソウルで開催

南北親善アイスホッケー、春川で来月3日開催

SHINHWAドンワンとチョンジン アイスホッケー選手に変身

大学生の消費者金融利用 李大統領が実態調査指示(聯合ニュース)

大学生の消費者金融利用 李大統領が実態調査指示(聯合ニュース)

以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/kr/yonh/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000032-yonh-kr


【ソウル聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領は30日の非常経済対策会議で、大学生が学費のために消費者金融を利用するケースがあると指摘し、金融当局が現状を把握し、一斉点検を行うよう指示した。

 大学生がどのような形で消費者金融を利用しているのか、どのような支援を行うことができるのか、対策を立てて発表するよう求めた。

hjc@yna.co.kr

ポスコ 2020年までに世界100大企業入り目標(聯合ニュース)

ポスコ 2020年までに世界100大企業入り目標(聯合ニュース)

以下、記事より引用。http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/kr/yonh/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000033-yonh-kr


【ソウル聯合ニュース】韓国鉄鋼最大手、ポスコの鄭俊陽(チョン・ジュンヤン)会長は30日、会社創業44周年の記念式で「ポスコファミリー 2020ビジョン」を発表し、2020年までの世界100大企業入りと年間売上高200兆ウォン(14兆4800億円)を目指すと述べた。

 ポスコは米経済誌フォーチュンの2011年版世界企業500社番付(10年売上高基準)で、売上高60兆ウォンの161位にランクインしている。

 同ビジョンはポスコの3大中核事業を「鉄鋼」「素材」「エネルギー」とし、「夢と希望、素材とエネルギーでよりよい世界を! 」というスローガンも発表した。

 鄭会長は記念式のあいさつで、「鉄鋼を超えて総合素材とエネルギー事業でも名門企業になろう」と呼びかけた。

sarangni@yna.co.kr
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
アクセス解析
    相互リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。