スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電前社長が富士石油の取締役に

東電前社長が富士石油の取締役に

以下、記事より引用。http://news.livedoor.com/topics/detail/6614255/

アラビア石油と富士石油の持ち株会社「AOCホールディングス」は31日、東京電力の清水正孝前社長を富士石油の社外取締役に充てると発表した。6月25日付で就任する。清水氏は福島第1原発事故が起きた当時の東電社長で、昨年6月に退任した後、今年3月末まで東電の顧問を無給で務めていた。 東電はAOCの株式を8・7%所有する筆頭株主。AOCはこれまでも東電から役員を迎え入れており、今回の人事について「前任者の退任によるもの」と説明している。一方、東電は「これまでの経験を考慮して、候補者として妥当だと判断した」としている。
スポンサーサイト

"蒼井そらに熱狂なんて情けない"

"蒼井そらに熱狂なんて情けない"

以下、記事より引用。http://news.livedoor.com/topics/detail/6614215/

href="http://news.livedoor.com/article/image_detail/6614215/?img_id=3333551" title="セクシーアイドル蒼井そらさんに群がる中国の蒼井そらファンがヤバイ">日本はもちろん、中国でも圧倒的な人気をほこるセクシーアイドルの蒼井そらさん。中国一有名な日本人とも言われており、中国版Twitterことweiboでのフォロワー数は現在11866277人……つまりフォロワー1180万人オーバーである! とんでもない数である!そんな、その気になれば革命さえ起こせそうなほどのパワーを持った蒼井そらさんが中国福建省の省都・福州市に登場。電光石火で蒼井そらファンに取り囲まれ、とんでもない状況になったもようである。混沌とした状況が確認できる写真は、中国の有名掲示板tt.mopに掲載されている。

明治神宮を参拝した韓国人を批判

明治神宮を参拝した韓国人を批判

以下、記事より引用。http://news.livedoor.com/topics/detail/6613313/

韓国の複数のメディアは30日、日本を訪れた韓国人旅行者が明治神宮にお金を払って参拝していると、自国民の行動を問題視する記事を報じた。 明治神宮は、日本の近代化に大きな影響を与えた明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする神宮で、1920年に創建された。最近では多くの外国人観光客が訪れる東京の観光名所となり、ハングルで書かれた絵馬が掛けられているのも珍しくない。 しかし、記事は「日本人にとっては神聖な場所だが、明治天皇は朝鮮を侵略し、韓国人に大きな被害をもたらした張本人である」と主張。韓国人の参拝を批判した。 明治神宮の絵馬は1枚1000円という。

吉本芸人叩きよりはるかに大問題

吉本芸人叩きよりはるかに大問題

以下、記事より引用。http://news.livedoor.com/topics/detail/6611951/

河本に続き梶原という吉本芸人の家族も生活保護を受給していたことが発覚し、吉本芸人叩きが激しくなっている。 現在の学校におけるクラス内秩序がバラエティ番組化し、笑いを取れる子どもや、気の利いたことの言える子どものスクールカーストが高すぎることは決して健全ではないと思う。 道化は、ある種の「癒し」として存在意義があるのであって、道化に大きな顔をさせている現在のTVは異常だ。その異常さがTVから教室に伝わっている。 真っ当な社会における序列は、基本的には「能力」により形成される。

日本人にカラスを食べる習慣?

日本人にカラスを食べる習慣?

以下、記事より引用。http://news.livedoor.com/topics/detail/6610119/

この前、TV番組の「ナンジャコレ珍百景」に、長野県のレストランが出ていた。一見ステキなフランス料理屋だったので目が止まったのだが、「地産地消にこだわり、食材が自慢のリッチな店」が出した料理がまさかの野生カラス料理だったので唖然!値段も衝撃的な6825円だった!目を背いた。後で、ネットで調べて見たらこのあたりでは11月~2月の間に狩猟が解禁され、猟師がとった野生のカラスがそのまま料理に出しているそうである。日本に来て良く聞かれることの一つに、「あなたたち中国人は犬も食べるでしょう?」「昔日本でも食べ物がない時には変な肉も食べたよ」などがある。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
アクセス解析
    相互リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。